日常の気付き

幸せのコップは小さい方がいい

目覚めることは、幸せのコップが小さくなること

目覚めていくことは、○○になっていくこと。

この○○には本当にたくさんのことが言える思う。
だから、そのどれもが正解だったりするのだけれど。

どれが響いて腑に落ちるかは人によって違いますよね。

そしてどのルートでも目覚めていくことはできちゃう。

その中でも今日は
「目覚めていくことは、幸せのコップが小さくなること」
というお話をしたいな~と思って書いてます。

これはどういうことかというと、
【幸せのハードルが低くなる】
ということ。

普段、「ああこの人目覚めているな~」と感じる人は総じて幸せのハードルが低いの。

お味噌汁が美味しいだけで幸せになれちゃったり
空が青いだけで幸せになれちゃったり
道端で花を見つけただけで幸せになれちゃったり

そして、
『今日も生きている』
というだけで幸せになれちゃったり・・・。

幸せというのは獲得していくものではなくて、気づいていくものだから。

気づけば気づくだけ人生が幸せばかりに溢れていく。

そして僕はこれを『幸せのコップ』と呼んでいて。

このコップが小さい人は、すぐに幸せのコップが満タンになって溢れてしまうから。
溢れた分の幸せを人に与えられる人。

そして人を幸せにすることでまた、自分も幸せになってしまえる人。

逆にコップが大きいと、並大抵のことじゃ幸せになれない。

これに気づかないままだと、
いくら稼いでも、
パートナーを得ても、
目標を達成しても、
何か渇きが癒えない。

世間で幸せになれない理由はすべてコレで説明できてしまうほど。

みんな生まれてきた頃は、幸せのコップ、ちっちゃかったはずなんだよ。

大人になるにつれて、いつしか大きくなって、自分でも抱えきれなくなってしまっただけ。

目覚めていくことは、幸せに還っていくこと。
目覚めていくことは、幸せに気づいていくこと。
目覚めていくことは、幸せのコップが小さくなっていくこと。

『幸せのコップ』
小さくしてみませんか。

何もかもがキラキラしていたあの頃に、還ってみませんか。

あなたはもう十分。
頑張ったよ。

スピリチュアリスト
SHO
世界をもっとよくしたいという思いから活動しています。世界中の皆が本当の自分を思い出し、互いに思いやり、尊重しあって好きなことをして生きられる世界に♪