真実のメッセンジャー創造コース【養成講座】

 

いま、この世界には一人でも多くのメッセンジャーが必要です。

この世界で苦しんでいる多くの人を解放する、真実を伝えるメッセージを広める必要があるからです。

この世界にとって大切なのは、ひとりひとりが灯台となり、光で照らせる人、そんな灯台となる人が増えていくことです。

そしてそれが僕らが人生で担う使命でもあります。

このコースは、そのメッセンジャーを志す人のためのコースです。
新たな灯台となり、世界を真実で照らす人を生み出すためのコースです。

このコースで目指すもの

真の意味で世界を照らしていく。そんなメッセンジャーとなる人を生み出すこと。

このコースでは世界を照らす人を増やすことを目的とします。

そして真実を伝えるメッセンジャーとして大切なことはたくさんあります。

世界を照らすメッセンジャーに必要なこと

いくつか抜粋すると、例えば以下のようなものです。

  • まずはメッセンジャー自身が救われていること。愛とやすらぎにいつでも包まれていること。
  • 無駄なことを話さず、その人に必要なメッセージだけを伝えること。
    (自己のために話すことなく、純粋に相手のためのメッセージとなっていること)
  • 愛のある状態からメッセージを発すること。内容がどんなに立派でも、愛がこもっていなければ人には響かない。
  • 頭ではなく、インスピレーションからメッセージを紡ぐこと。
  • 人の中にある、自分でも気づかない奥深くにあるものをすくい上げてあげられること。

などです。
(他にも数え切れないほど大切なことはありますが、書ききれないので抜粋しました)

このページを読んでおられるあなたは、ただ耳ざわりの良い言葉を並べるだけの上辺のメッセンジャーになることを望んでおられないと思います。

真の意味で世界を目覚めさせていくメッセンジャーになるためにも、大切な土台をしっかり学び、かつそれが現実的なライフワークとして実現されていることが大切です。

このコースではそれを目指します。

創造コースのロードマップ

真実のメッセンジャーとしてしっかりと自立するためには、固めなければいけない土台があります。

  • 内面から来る人生のヴィジョンの発掘
  • ヴィジョンと現実的手法とをリンクさせる
  • 手法に自分だけが持っている世界観を混ぜ合わせ、融合させる
  • 実際に人を目覚めさせるための教え方や、エネルギーの使い方をマスターする
  • 人に教える際の技術的ポイントを学ぶ(技術は最後のオマケです)

等々。

その過程がこのコースではハッキリとカリキュラム化されています。

そのロードマップを大まかにですが示します。

【ステップ1】自分の人生のヴィジョンを知る

『自分はこの人生で何をしたいのか』

それをハッキリと思い出すことが第1のステップになります。

なぜならここがはっきりしていない人は迷うからです。
迷っている人が、世界を照らす真の役割を果たせるでしょうか。

なのでまずは一番の土台となる『自分はこの人生で何をしたいのか』をハッキリと思い出すことから始めます。

ここまで来ている方であればハイヤーセルフ(自分の奥のより高い声)とコンタクトを取れるようになっているはずですので、そこと協業して思い出してもらいます。

※そもそもハイヤーセルフとのコンタクトが出来るようになりたい方は、「目覚めの旅セッション」から検討ください

『目覚めの旅』セッションこのセッションは、『今世で目覚めるんだ!』と覚悟を決めた方へ贈る。目覚めの旅へ案内するセッションです。 本当は誰もが「目覚めへの旅...

ここで思い出すヴィジョンが『今後の人生の活動すべて』を支える土台になります。

ここで思い出すヴィジョンは抽象的かつ普遍的なものになります。

【ステップ2】ヴィジョンと現実的手法とをリンクさせる

次に、ステップ1で思い出したヴィジョンを、実際に具体的な手段として落とし込んでいきます。

世界の人々に目覚めのメッセージを伝える方法はたくさんあります。

  • 出会う身近な人に地道に直接伝えていく
  • ブログやメルマガなどの「文字」で伝えていく
  • 動画などを通じて「話す」ことで伝えていく
  • セッションなどを通じて「教える」ことで伝えていく
  • オンライン塾やコミュニティなど、目覚めのための「場所づくり」をする
  • ヒーリングを通じて非言語のエネルギーで人を「癒やす」

その他無数の道・・・

『わたしは何を伝えたいのか?』
そして
『どんな伝え方がしたいのか?』

そこには、
どんな伝え方が得意なのか?
どんな伝え方が好きなのか?
も関わってくるかもしれません。

そしてそれらはその人それぞれの魂に備わっているものです。

ステップ1で思い出した抽象的なイメージを段々とハッキリさせ、一緒に現実的な形へと落とし込んでいきます。

【ステップ3】自分だけの世界観を具現化(結晶化)する

じつは人は誰しも、その人独自の世界観を持っています。

生来のものなので、身につけるとかではありません。
努力も必要ありません。

ただ生きているだけでそれが備わっています。
それはあなただけの魅力であり、雰囲気であり、世界観です。

例えばSHOであれば

  • 青空や天空のような自由を感じる世界観
  • 宇宙図書館のような聡明、博識な世界観
  • 絵本のような平和な世界観

などがマインドから溢れてきます。
そのインスピレーションに沿ってこのWEBサイトやメルマガ、各種セッションも創造しています。

あなたにはあなただけの世界観が必ずあります。

それはあなたが「なぜか惹きつけられる」というものに宿っています。

それを思い出してもらいます。
(SHOは人の中にそれを見つける能力もあるので、もちろんお手伝いします)

【ステップ4】実際に形作る

ステップ3で自分だけの世界観が分かったら、今度はそれを元にあなただけの形として作っていきます

※どんな風に作りたいかによって、必要となる技術が変わってきますが、技術的なことも教えるので大丈夫です。

  • ホームページを作る
  • 仲間が集まれる場所、コミュニティを作る
  • 自分の考えを発信するブログを書く
  • 人にメッセージを伝えるメルマガを配信する
  • 動画を配信する
  • 自分だけの教材を作る
  • ココナラなどでセッションやサービスを提供する

しかしどのような形であれ少なくとも、目に見える形となって世界に発信されている必要があります。

もし、あなたの中にあるあなただけの魅力やメッセージの数々。
それがあなたの心の中にだけしまってあったらどうなりますか?

必要な人がいても、見つけられないということになります。
なぜならそれがまだ世に出ていないからです。

例えばあなたは今この文章を読んでいますが、SHOが心の中だけにしまっていたら、こういったコースが存在していることを知ることはなかったと思います。

そんな風に、あなただけの魅力を発信しないことはこの世界・この宇宙にとっての大きな損失です。

そうならないよう、あなただけの発信基地になるものをここで創造・構築していただきます。

要はあなた自身を世界に発信するということです。

【ステップ5】人の目覚めさせ方を学ぶ

ステップ4までで、きちんと自分の発信したいものの土台が構築できた場合、その周波数に共鳴し・惹かれた人が集まってきます。

ここからはじっさいに人にどうやって教え・導き、目覚めていってもらうのかの方法論に入っていきます。

土台としてはまさに「目覚めの旅セッション」で自らが目覚めてきた過程が参考になります。

基本的にはそれを人に教えていくことになるからです。

ですが教える側になる場合、人を導く際に気をつけるポイントなどがあるため、それを学んでいきます。

  • まずはメッセンジャー自身が救われていること
  • 相手のエゴの要求には答えないことがその人のためになる
  • エゴ(自我)ではなく、その奥の本当のその人に向かって話しかけること
  • 目覚めた世界のことを、眠った世界の言葉を使って語ってあげなければならない
  • 眠った世界の言葉を使って説明する中で、自分が眠った世界に引っ張られないこと
  • 無駄な内容を話さず、その人に必要なメッセージだけを伝えること
  • 愛のある状態からメッセージを発すること。内容がどんなに立派でも、愛がこもっていなければ人には響かない
  • 頭ではなく、インスピレーションからメッセージを紡ぐこと
  • 受け取る方にとって、自分でも気づかない奥深くにあるものをすくい上げてあげられること

などなど。その他多数。

教える段階になってはじめて気をつけることもたくさんあります。

これは特殊な仕事で、
目覚めた視点から、眠った視点に向かって語りかけることになるからです。

これらを講座形式でお伝えしていって、身につけていただきます。

【ステップ6】エネルギーの与え方を知る

最初は誰もがエネルギーを受け取ることが得意なわけではありませんから、言語による導きから入ることが多いでしょう。

しかし人を本当に変えるのは、より形のないコミュニケーションである、エネルギーによる非言語アプローチです。

こういった伝え方ができることもメッセンジャーとして大切です。

というより、言葉よりもこちらの方がよっぽど人を変えます。

なのでこちらの方が本質であり奥義と言ってもいいです。
エネルギーを通じて人を変えていくこと、それを実践の中で身につけていただきます。

【ステップ7】メッセンジャーとして活動する

準備が整ったら実際にメッセンジャーとして羽ばたくことになります。

そうして行く中でもう特にサポートが必要ないと感じれば、メッセンジャーとしての完全な自立です。

自身を持ってこの世界の灯台となり、あなただけの光をこの世界に照らしていってください。

創造コースの参加条件

参加するための理想的な条件は「目覚めていること」です。
しかしその指標だけではとても曖昧ですし、判断が難しいです。

(本当は話せば大体分かりますが、それでは恣意的に感じられると思いますし、参加希望者さん自身にも判断基準として納得がいきづらいと思います)

なので、SHOの開催するこのコースに関しては、「目覚めの旅セッション」を受け、修了した方のみにこのコースを教えることにしています。

なぜなら救い主はまず、自分が救われている必要があるからです。

  • 不安を持って教える人は、不安を教えます。
  • やすらぎを持って教える人は、やすらぎを教えます。
  • 確信を持って教える人は、確信を教えます。

こんなように、じつは人は「自分が持っているもの」しか教えられません。

偉大なメッセージは常に、救われたマインドから発せられます。

自分が持っているものしか教えられないがゆえに、
メッセンジャーはまず、
『人に伝えたいものを、まず自分が持っている必要がある』と言ってもいいです。

しかもそれは表層的なものではなく【 その人の存在感そのもの 】が伝わる。
と言ってもいいです。

いくら上辺だけ
「わたしは救われています」
「わたしは目覚めています」
と言っても口だけでは誤魔化せません。

存在感やエネルギーがその人の本質を物語ってしまうからです。

本当に深いところまで純粋である必要があります。
なぜなら人は『深いところで持っている誤魔化せないもの』を教えるからです。

なのでまずは「自分から」です。
そのために、まずは『自分の宿題が修了した人』がこのコースに参加する条件です。

創造コースの参加価格

参加価格は、目覚めの旅セッション継続費(月25,000円)の中だけで受けていただけます。

(内容的には20~30倍ほどの価値があると感じていますが、目覚めの旅セッションを修了した方向けになるべく無理なく続けられる形にしたいと思いました)

何ヶ月なのかという期間はそれぞれ各自で決めてください。

メッセンジャーとして独立するまで、どのくらいの期間で独立していきたいか?
そのペース配分は各々違うし、各々が決めるものだからです。

そこの判断はもう自分でできると、目覚めの旅セッションを修了した方は信頼しています。

(ただしSHOの肉体が1つしかないために1月ごとの進むペースには限界があることはご容赦ください。)

あなたが世界を照らすメッセンジャーとしてその翼で羽ばたいていくことを祈って、このコースをここに記します。

SHO